CLOSE
文字サイズ
事業主・企業の支援

事業主・企業の方へのサービス

出向・移籍支援サービスについて

出向・移籍支援(情報提供・相談・あっせん)サービス

人材移動に関するさまざまな情報提供、きめ細やかな相談、アドバイスを行っています

人材情報は多様な方法で収集しています。

 人材情報は企業訪問、相談に来所された企業、経営者協会などの経済団体、ハローワーク、賛助会員などのほか、各地で開催する出向等説明会、その他マスメディアなど多様な入手経路により収集しています。

出向・移籍に関するきめ細やかな相談を行っています。

 人材の受入または送出を希望される企業に対し、受入または送出の方法、手続き、出向・移籍後の対応などさまざまな事柄についてアドバイスを行うなど、専門スタッフがきめ細かく相談に応じています。

人材の受入または送出を希望される企業から人材情報の登録をしていただきます。

 人材の受入または送出を希望される企業には、その職種、年齢などの出向・移籍の受入または送出の仲介・斡旋に必要な事項をセンター所定の書式に記入し、人材情報として登録していただきます。登録していただいた人材情報は、センター本部のコンピュータで集中管理しています。

受入企業及び送出企業に対し最適な人材情報の提供・紹介をしています。

 登録された出向・移籍の情報の中から、人材の受入または送出を希望される企業の条件に最適と思われる人材情報をコンピュータから検索し、双方の企業に速やかに提供します。
また、人材情報の提供をしていただいた企業に対しては、ご希望により相手方企業をご紹介します。

企業間の話し合いが円滑に行われるよう経験豊かなスタッフがアドバイスを行っています。

 労働条件などの具体的事項については、直接、企業間で話し合っていただきますが、ご希望により成立事例の紹介などについてアドバイスをいたします。
また、受入企業に対しては、出向・移籍者の処遇や、新しい職場で社員との関係などを良好に維持するポイントなどについてのアドバイスも行っています。

出向・移籍対象者に対するキャリアカウンセリング、職業訓練などを行っています。

 出向・移籍対象者に対し、キャリアカウンセリング、キャリアシート等の作成指導や面接指導、また、不安感の払拭、新しい職場生活への適応などについての講習等をご希望により行っています。
その他、新たな免許・資格の取得により早期の再就職の実現が期待できる出向・移籍対象者に対しては、必要に応じて民間職業訓練機関等を活用した職業訓練などを行っています。

支援サービスの流れ
出向・移籍支援サービスの流れ