CLOSE
文字サイズ
キャリア人材バンクのご案内

キャリア人材バンクのご案内

「キャリア人材バンク」とは

高齢者の方へのサービス

「キャリア人材バンク」とは
2012年(平成24年)の高年齢者雇用安定法の改正により、企業における65歳までの継続雇用は進んでいます。一方、団塊の世代が65歳を超え65歳以上の高齢者人口が増加する中で、65歳を超えても働きたい高齢者の就業機会を確保していくことが重要な課題となっています。
このため、 当センターでは、就労意欲が高い60歳以上の高年齢者を求職者登録し、66歳以降も働き続けることが可能な求人情報(受入情報)を収集するとともに、その能力の活用を希望する事業者に紹介を行う、「キャリア人材バンク」を構築してマッチングを行っています。60歳以上でまだまだ働きたい方、高齢者雇用に興味のある企業の方のご活用をお待ちしています。

※高齢者の労働市場などのアドバイスと具体的な求人情報(受入情報)のあっせんを行います。
※高齢者の雇用確保に意欲的な企業等の求人情報を提供します。
※キャリアシート(履歴書・職務経歴書)の作成アドバイスをします。
※面接の受け方、求職活動の方法等に関するガイダンスを行います。
※ご支援・ご相談に関する費用は一切かかりません。

事業概要

●60歳以上の在職者で、雇用期間の満了後に再就職を希望する方のキャリア・能力・就業希望等の情報を、事業主経由でキャリア人材バンクに登録します。また、事業主を経由せずに登録を希望する在職者および離職者について個人での登録も可能です。
※本事業の離職者とは、離職後1年以内の方をいいます。
●66歳以降も働き続けることが可能な求人情報(受入情報)を収集するとともに、その能力の活用を希望する事業者に、登録者情報を活用して、就業を希望する登録者を紹介します。
●キャリア人材バンクに登録した登録者情報と収集した求人情報(受入情報)等との間でマッチングを行い、高年齢者の就業促進をはかります。

活用事例

人事・総務の管理的な職業への再就職事例
65歳男性の場合

◆独自技術による製品開発、自動車会社等との共同開発・技術開発の受託開発、技術者派遣を行う企業

●求める人材
・求人に係る大学等学校との関係構築、人材管理ができる人材

●求職者の状況
・大手企業にて多年の営業経験
・総務部門のマネージャーなどの管理職として、従業員教育の計画立案、実施にも携わっている

●採用企業の声
 重要な業務として学校への採用活動、共同開発先の人材・技術派遣スタッフのフォロー、人材管理がありますが、学校関係者とも良好な人間関係を築いており、技術者・スタッフの良き相談相手になってくれています。

求人の申込・キャリア人材バンクへの登録

本件に関するお問い合わせ

 キャリア人材バンクに関する詳細・ご利用をご検討の場合は、最寄りの地方事務所までご連絡ください。

 また、2020年10月より東京、愛知、大阪においてキャリア人材バンク専用窓口を開設しましたので、併せてご利用ください。